船橋で巻き爪の施術が必要なら【巻き爪じゅん】へ~巻き爪になったとき自分でできる応急的なケア~

巻き爪の手軽な応急処置~自分でできる巻き爪のケア~

巻き爪の手軽な応急処置~自分でできる巻き爪のケア~

巻き爪は放っておいても改善しません。それどころか、外出する楽しさ・歩く楽しさを人から奪ってしまう厄介者です。そのため、痛みを感じたときは決して放置せず、早めに対処しましょう。「痛みの軽減につながるケアを知りたい」と考える方向けに、巻き爪になったときの応急処置をご説明します。

コットンパッキン

巻き爪になっている爪の両端部分(爪の角と皮膚の間)に、ピンセットで小さくちぎったコットンを詰め込みます。コットンパッキンを行うと、爪と皮膚の間に隙間ができるため、巻き爪の応急処置に適しています。

また、コットンを詰めるタイミングは、お風呂上りなど、爪が柔らかくなっているときがベストです。軽度の巻き爪であれば、繰り返しケアを続けることで、爪の角が少しずつ上に伸びて皮膚に刺さりにくくなります。

テーピング

皮膚を引っ張って爪から離す方法と、爪と皮膚の間を広げるように巻きつける方法の2パターンあります。皮膚を引っ張る場合は、テープの端をできるだけ爪の横ギリギリに貼り、爪から皮膚を離すように強く引っ張りながら指の下を通して、反対側へ回します。回したテープは指の上を斜めに回しながら引っ張り、指の上に貼って終わりです。

もう1つの方法では、痛みのある指の爪をぐるりと囲むイメージで、少し爪にかかるようにテーピングを行います。被っている部分をピンセットで爪の内側に詰め込んで終わりです。

巻き爪は船橋・千葉・御宿町に店舗を構える【巻き爪じゅん】に施術の相談を!

巻き爪は船橋・千葉・御宿町に店舗を構える【巻き爪じゅん】に施術の相談を!

船橋で巻き爪の施術を受けようとお考えでしたら、船橋・千葉・御宿町に店舗がある【巻き爪じゅん】にご相談ください。一度でも巻き爪になってしまうと、「指に爪が食い込んで痛い…」という悩みをずっと抱えてしまいます。運動靴を履いてウォーキングやスポーツに取り組んだり、サンダルやヒールなどおしゃれな靴で日々を楽しんだりすることも難しくなるため、早い段階で対策をとりましょう。

【巻き爪じゅん】は今の状態に対して、何をしたら良いのか、何をしたらダメなのかをきちんとお伝えいたします。船橋で巻き爪のことなら【巻き爪じゅん】にご相談ください。

巻き爪に関する豆知識

船橋で巻き爪にお悩みなら【巻き爪じゅん】へ

店舗名 巻き爪じゅん 船橋店
住所 〒273-0005 千葉県船橋市本町2丁目27−22 MATビル A-202
TEL 080-7036-2903
URL http://makitume-chiba.net/

^