自宅で出来るセルフケアについて

外反母趾は日ごろのセルフケアで悪くならないように

防ぐことが可能です。

ここでは手軽にシンプルに効果があるものを

紹介していきます。

足指をグー、パーと動かす

 

足指をグー・・・っと

軽めの力で閉じます。

強く握りこむように力をいれましょう。

注意点としては

指の付け根から曲げるということです。

そして

パー!と開きます。

ココはなるべく全力を込める感じで

指を広げてみましょう。

外反母趾は痛みが出てくると

だんだんおや指を動かすことが

出来なくなってきます。

なので、おや指の動く範囲を

保つことが必要です。

また指を開いた際に、足底(足の裏)がつることが

あります。

これは足底の筋力が弱っているために

出てくる症状です。

繰り返し行う事で慣れてきてつらなくなります。

もし、足の力だけでグー、パーと運動が

出来ない人は手を使ってグー、パーと

補助しても構いません。

慣れてくれば足の力だけでできるように

なってきますので最初は焦らず手で補助して

やってみましょう。

足指を廻す

手の指でグッと持って、

ぐるぐると足の指を廻します。

画像では右回りになってますが

もちろんこれは左回りにも回しましょう。

これを行う事で足の代謝作用が向上し外反母趾の矯正効果が高まります。

外反母趾は特に付け根の可動域を保ち、

この記事で書いたような外反母趾になりやすい足に当てはまる場合は予防する事が一番です。

まずはこの2つのセルフケアを起床時と就寝前の1日2回、1週間続けてみましょう!

足の指が上手く使えるようになります!

^