仙腸関節のストレッチについて


仙腸関節のストレッチには、テニスボ

ールを使ったストレッチが有効です。

まずは、2個の硬式テニスボールを用

意してください。
2個のテニスボールをくっつけて、ガ

ムテープなどを巻いてずれないように

しっかり固定します。これで準備は完

了です。

ケアを行なう際は、お尻の仙腸関節の

部分に2個のテニスボールを当てて、

そのまま仰向けに寝て行います。この

とき、必ず畳やフローリングなどの硬

くて平らな床の上で行なって

ください。布団やベッドなどの上では

十分な効果を上げることができないの

で注意しましょう。また、枕は使わず

に横になってください。

ボールに体重が乗ると、関節の部分に

圧がかかってイタ気持ちいいような刺

激が入ります。これは仙腸関節が刺激

されてゆるんできている証拠です。も

し痛すぎる場合は、腰を少

し上げながら刺激の強さを調整しても

大丈夫です。ボールに腰をのせたま

ま、リラックスして1~3分ほどその姿

勢をキープしましょう。

1回3分以内、1日3回までを守って実践

してください。

 

 


軽度の腰痛や坐骨神経痛であれば、こ

れを行なっただけで痛みが解消してし

まう場合もあります。テニスボールの

刺激を受けて仙腸関節の動きがよくな

って、痛みの軽減に繋がります。

ボールを当てる仙腸関節の位置を間違

わないように気をつけてください。ボ

ールを腰椎付近に当ててしまう人が多

いのですが、もっと下の骨盤上部に当

てます。

起床後と就寝前に1回ずつ行なうのを

おすすめしています。生活の中で床に

寝そべることのできる機会はそう多く

ないので、睡眠の前後で習慣づけて

しまうのがいちばん長続きしやすいで

す。是非やってみてください!

 

 

^